今すぐに愛を選ぶ

母が退院し

チビを実家に連れて帰るため

先週末、大阪に帰っていました







予定では、そのままチビを置いて帰り

また一人暮らしも寂しいので

タイミングをみて雛をお迎えしようかな

なんて考えていました




でも、葉山に戻る日が近づいて

また一人で暮らすんだ、と思ったら

無性に寂しさが込み上げてきました




葉山に引っ越すときと今回と

2度もチビと離れなきゃいけないなんて…

なんで私ばかりいつも一人なんだろう…

悲しさと虚しさが混ざったような気持ち




もう2度と離れなくていい家族が欲しい!

そんな想いが強く込み上げてきました




たまらず母に気持ちを打ち明けると

私がチビと葉山で暮らし

母が新しい雛をお迎えするのはどうか?

と提案してくれました




どこかでそれを望んでいたにもかかわらず

一度は、反射的に断ってしまいました

母がチビと暮らせないのはかわいそう…と




でも、少し時間を置いて考えてみたら

母から提案してくれているのに

それを受け入れないのはどうなんだろう?

愛を受け入れないのと同じなのでは?




今こそ、愛を受け入れるときなのでは?

相手の幸せを優先して

自分を犠牲にするのをやめるときなのでは?




やっぱりチビと暮らしたい!

今すぐ愛のある暮らしがしたい!

母にその気持ちを伝えると

みんなが幸せになればそれがいちばん、と

快く受け入れてくれました




そして、私がチビと葉山に帰った日

私が新幹線に乗っているあいだに

母は新しい雛をお迎えしていました

展開、早っ!




そしてその日は私の誕生日でした

open the new world!







名前はモモちゃん

生まれた日は1月6日

その日は母の入院に伴い

チビを葉山に連れて帰った日でした




そんな日に生まれたモモちゃん

こんなことになるなんて思ってなかったけど

こうなることが決まっていたかのような

なんだか運命を感じました




私も母も文鳥と一緒に暮らすことができ

モモちゃんという家族も増え

幸せも2倍になりました♡♡




もう、愛を選ぶだけでいい

愛を受け入れるだけでいい




誰かのために自分を犠牲にする必要もない

相手が大切であればあるほど

相手が自分で幸せになることを

そのチカラがあることを信用する

そしたら自分を犠牲にしようなんて思わない




相手を心配するというのは

一見、優しいように見えるけど

その根っこにあるのは自分の不安

それを投影するなんて相手に対して失礼




それよりも、まず自分が愛を選ぶ

そしたら相手も自然と愛を選ぶ

パズルのピースが上手くはまるように

全てが愛のある状態になっていく




もう我慢しなくていい

条件もつけなくていい

待たなくてもいい

今すぐに愛を選ぶ

大切な自分のために愛を受け入れる




愛を感じるものに時間とエネルギーを注ぎ

愛を感じるものに囲まれて暮らす

それが自分を愛することなんだと思う




時に難しく感じるけど

自分の本当の気持ちに気づいたら

とてもシンプルなこと

もうごまかせない

自分が愛を感じるものを選んでいく

その選択の連続






コメント