愛ってなあに



夏のある朝

起きて窓を開けたら

リスが朝ごはんを食べにやってきていました








みんな黙々と

木の実を一生懸命食べていました




かわいいな、微笑ましいな

みんなのびのび生きているな

なんて思いながら見ていたら

手のひらがじわ〜っとあたたかくなってきました







その瞬間

あ、愛だ、と思いました




そして、はじめてハワイで

ロミロミを受けたときのことを思い出しました




ロミロミの最後に

セラピストさんが頭に手を当ててくれました

きっと数秒のことだったと思うのですが

この時間がいちばん気持ちよかったのを覚えています




そのときは、ただ気持ちよく

この感覚を言葉にはできなかったけれど

あれはセラピストさんの愛だったんだ

と、あとから思いました




リスがのびのびご飯を食べているのを見て

そのときのあたたかさが蘇ってきました

一緒だ!と




その命がのびのびと生きている

それだけで愛なんだ、と思いました




のびのび生きているだけで愛を発し

その命を見ているだけで

愛を感じ、受けとっている




それだけでもう愛なんだな

それを許し見守ることが愛なんだな




すぐに答えを与えてしまうのではなく

その命の可能性を信じ尊重して

辛抱強く見守ること




その命に必要なことが

はじまり終わっていくことを

辛抱強く見守ること




そして、一人ではどうしても前に進めないとき

そっと寄り添い、支えてあげること




そうすれば、きっとその命は自分のチカラで

その命にふさわしい道を歩んでいきます




朝起きると聞こえる鳥の声

あたたかい太陽の光

季節を知らせてくれる花々

風に揺れる木々の葉

陽が暮れると聞こえてくる虫の声

美しい夕陽

点々と輝く星たち




そんな大げさなものではなくて

周りを見渡してみると

日々の生活に愛はあります




私もまだまだ愛を知っている最中

これからもっともっと

愛を感じ、受けとり、発していきたいです♡







未来に待っている豊かさを信じて

今年はめいいっぱい夏を楽しみました

なんてったって葉山には海がある







海に潜ったら

とっても気持ちよくて

水面に太陽の光がキラキラ光ってて

魚もたくさん泳いでいて

地球堪能!って感じでした







これぞ夏の過ごし方!

ってくらいに夏を楽しみました




お盆を過ぎてクラゲが出て

海に入れなくなって

夏が終わって

9月になって

あー、楽しい夏が終わっちゃった

と、少し寂しくなりました




でも、9月に入ってすぐのある夜

ベランダに出て空を見たら

ものすごく綺麗な月が出ていました

しかも、海に月の道まで!







それまで冬も春も夏も

たくさん美しい景色を見せてもらって

楽しい時間を過ごして

あとは引っ越してきたときと同じ

秋がまた巡ってきて

季節が一周するんだな

くらいに思っていたのに




まだこんなに美しい景色が待っていたなんて

自然はどこまで豊かなんだろう

自然の豊かさには限りがないんだな

と、思いました




新しい季節が巡ってきたら

ちゃんとその季節の豊かさが待っている




この仕事をやめてしまったら

この人と離れてしまったら

これをやると、やらないと決めてしまったら

その先に豊かさは待っているんだろうか?

そんな不安にかられることもあるかもしれない




でも、自然はそんなことないんです




楽しい夏が終わったら

秋には秋の美しい景色が待っている

秋の豊かさが待っている




私たちの人生もきっと同じ

ちゃんとこれからの未来に豊かさが待っている




今は現実にはなくても

そう信じれないときがあっても

きっとあなたに必要な出会いや出来事が待っている




だからまずは

今の自分をたっぷり愛して安心して

今ある豊かさに目を向けて

自分の本当の気持ちに正直に進んでいけば大丈夫




人生は何が起こるかわからないし

自然の豊かさには限りがないから∞












ちゃんとなるようになっている

葉山に引っ越したとき

大阪でお世話になっていたお花屋さんに

白い花の花束をプレゼントしていただきました







「マトリカリアも入れといたよ」と言われて

マトリカリアってカモミールだよね?

と、なんとなく気になっていました




早速、新居にいただいた花束を飾りました

マトリカリアがいちばん長持ちして

1ヶ月近く、綺麗に花を咲かせてくれました




しばらくして、ハーブの講座に通うことになり

いろんなハーブを学びました




そのなかにカモミールもありました

別名、マトリカリア







そしてカモミールの意味を知ってビックリ!

カモミールの意味は「はじまり」




引っ越しや新しい仕事をはじめるとき

カモミールの花束をプレゼントしたり

部屋に飾ったりすると

新しいことが上手くいくそうです




まさに!




後日、気になって花屋さんに聞いてみると

マトリカリアの意味を知らずに

プレゼントしてくれたそうです




花屋さんの手を通して

私の元へやってきてくれたマトリカリア




葉山でのまだまだ心細い新しい生活を

花の咲くかぎり見守っていてくれたんだな

と、あったかい気持ちになりました




精油もハーブもお花も

その人に必要なタイミングで

必要なものがちゃんと

手元に届くようになっている




たとえ送る人や受けとる人が

その意味やタイミングをしらなくても

なんとなく選んだものがちゃんと必要で




植物も、大いなる自然も

ちゃんとわかって届けてくれている

私たちをサポートし見守ってくれている




自然は

ちゃんとなるようになっている




自然は

人が頭で考えることを遥かに超えている




どっちを選ぶか迷ったり

やるかやらないか迷ったり

チャンスを逃さないよう必死になったり

そんな必要はないのかもしれない




そんなときは

まずは心をおだやかに安心して

自分の本当の気持ちや感覚に正直になって

焦らずタイミングを待つ




そうすればきっと必要なタイミングで

必要なことがやってくるから

やってきた波にちゃんと乗れるように

日々、心と体を健やかに過ごすことが大切なのかもしれない